タイニーハウス(小屋)のコンセプトと方針

Pocket
LINEで送る

偶然の出会いとめぐり合わせと周りの仲間の協力のおかげで、良い土地を見つけて、さっそく小屋を建てはじめています。

毎週、単車でアクアラインを超えて、土日は小屋ライフ(と波乗り)を楽しんでいます。

<これまでの流れ>

  • 2018年1月〜  土地取得、テント生活
  • 2018年5月〜  上棟、セルフビルド開始

現在は外壁を貼っています。棟上げのときに手伝ってもらった大工さんのご好意で、足場を借りているのですが、その足場の返却期限が迫っていて、なんとかあるうちにと、頑張っているところです。

【現在の小屋の状態】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

 

今回の投稿では、小屋のコンセプトと方針を書こうと思います。

オフグリッド

小屋は電気・水道・ガス、上下水道のライフラインにはつなげません。オフグリッドハウスです。

電気はソーラー発電システム、水は雨水タンク、トイレはコンポストトイレ、調理用の火力は焚き火と薪ストーブ、それにガソリンでワークするバーナーです。

最低限の設備はほぼ整いました。不便はありますが、ちゃんと生きていけるレベルです。

【ソーラー発電システム】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

【雨水タンク】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

【薪ストーブ】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

【バーナー】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

ガソリンでワークするので、災害時なんかにも使えるタフなやつで、ホントおすすめなので、リンク貼っておきます。

【コンポストトイレ】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

ゆっくりやる

小屋をセルフビルドしていることを話すと、いつ完成予定なのかと、よく聞かれるのですが、完成時期は決めていません。

波がいいときには波乗りをしたいし、休日でも仕事を頑張らないといけないこともあります。

そして、小屋を作り始めてみたら想像以上に楽しい。急いで作業して、すぐに小屋を完成させてしまうのがもったいない。ゆっくり、じっくり楽しみながら、できることならずーっと小屋作りをしようと思います。

スケジュールはなし、実際に困ったことに直面したら対処していくことを方針とします。

たとえば、台風がくる/足場を返さないといけないから外壁を完成させようとか、これから寒くなるから小屋の密閉性をあげよう、断熱材を入れようとか、そんなノリでいきます。ちなみに既に外壁なしでいくつかの台風を乗り切りました。もうすっかり、タイベックシート=ウチの小屋というイメージになってます。

体感しながら決める

取得した土地のいろんな場所にテントを張ってみて、陽の差し方、風の入り方を研究して、小屋を建てる場所と方向を決めました。

下記は長い土日テント生活をともにしたnordisk アルフェイム19.6、煙突出し仕様です。キャンプライフには桐生市のPurveyorsさんに大変お世話になりました。多謝。すごくいいお店なので、キャンプ好きを自負するならぜひ足を運んでみてください。

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

窓の位置も光の入り方と風向きを実際に確かめてから決めました。ロフトの窓は東風も西風も取り込めるように、それぞれの方向にすべり出す窓を2つ設置し、自然の風を取り込めるようにななってます。

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

 

ポイントは将来、持たせたい機能と場所をリンクさせることです。トイレを置こうとしている場所で実際にウ○コしてみる/調理作業スペースにスパイスを並べてみる/寝たい場所にコットをおいて寝てみるなど。

こだわり

せっかく小さいのでちゃんと一つ一つのものにこだわって作りたいと思います。

例えば、窓はすべてYKKのAPW330にしました。通常アルミになっている枠が樹脂製になっていて、ガラス部分は2重構造で中空にはガスが充填されているため、高い断熱性を持っています。陽が長くあたる窓には更に遮光ガラスにしています。

タイベックシートも陽が当たる側は遮光仕様のタイベックシルバーにしています。

また、断熱材はセラミックが混ぜ込んである羊毛断熱材にする予定です。暖炉からの輻射熱を最大限に活かし、湿度も適切にコントロールしてくれるはずです。

小さいからこそ贅沢な部材を使います。

 

今日はこのくらいで。これからちょっとずつ状況やノウハウをシェアしていこうと思います。

Pocket
LINEで送る