タイニーハウス(小屋)のコンセプトと方針

Pocket
LINEで送る

偶然の出会いとめぐり合わせと周りの仲間の協力のおかげで、良い土地を見つけて、さっそく小屋を建てはじめています。

毎週、単車でアクアラインを超えて、土日は小屋ライフ(と波乗り)を楽しんでいます。

<これまでの流れ>

  • 2018年1月〜  土地取得、テント生活
  • 2018年5月〜  上棟、セルフビルド開始

現在は外壁を貼っています。棟上げのときに手伝ってもらった大工さんのご好意で、足場を借りているのですが、その足場の返却期限が迫っていて、なんとかあるうちにと、頑張っているところです。

【現在の小屋の状態】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

 

今回の投稿では、小屋のコンセプトと方針を書こうと思います。

オフグリッド

小屋は電気・水道・ガス、上下水道のライフラインにはつなげません。オフグリッドハウスです。

電気はソーラー発電システム、水は雨水タンク、トイレはコンポストトイレ、調理用の火力は焚き火と薪ストーブ、それにガソリンでワークするバーナーです。

最低限の設備はほぼ整いました。不便はありますが、ちゃんと生きていけるレベルです。

【ソーラー発電システム】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

【雨水タンク】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

【薪ストーブ】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

【バーナー】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

ガソリンでワークするので、災害時なんかにも使えるタフなやつで、ホントおすすめなので、リンク貼っておきます。

【コンポストトイレ】

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

ゆっくりやる

小屋をセルフビルドしていることを話すと、いつ完成予定なのかと、よく聞かれるのですが、完成時期は決めていません。

波がいいときには波乗りをしたいし、休日でも仕事を頑張らないといけないこともあります。

そして、小屋を作り始めてみたら想像以上に楽しい。急いで作業して、すぐに小屋を完成させてしまうのがもったいない。ゆっくり、じっくり楽しみながら、できることならずーっと小屋作りをしようと思います。

スケジュールはなし、実際に困ったことに直面したら対処していくことを方針とします。

たとえば、台風がくる/足場を返さないといけないから外壁を完成させようとか、これから寒くなるから小屋の密閉性をあげよう、断熱材を入れようとか、そんなノリでいきます。ちなみに既に外壁なしでいくつかの台風を乗り切りました。もうすっかり、タイベックシート=ウチの小屋というイメージになってます。

体感しながら決める

取得した土地のいろんな場所にテントを張ってみて、陽の差し方、風の入り方を研究して、小屋を建てる場所と方向を決めました。

下記は長い土日テント生活をともにしたnordisk アルフェイム19.6、煙突出し仕様です。キャンプライフには桐生市のPurveyorsさんに大変お世話になりました。多謝。すごくいいお店なので、キャンプ好きを自負するならぜひ足を運んでみてください。

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

窓の位置も光の入り方と風向きを実際に確かめてから決めました。ロフトの窓は東風も西風も取り込めるように、それぞれの方向にすべり出す窓を2つ設置し、自然の風を取り込めるようにななってます。

 

View this post on Instagram

 

Harukiさん(@pharuki)がシェアした投稿

 

ポイントは将来、持たせたい機能と場所をリンクさせることです。トイレを置こうとしている場所で実際にウ○コしてみる/調理作業スペースにスパイスを並べてみる/寝たい場所にコットをおいて寝てみるなど。

こだわり

せっかく小さいのでちゃんと一つ一つのものにこだわって作りたいと思います。

例えば、窓はすべてYKKのAPW330にしました。通常アルミになっている枠が樹脂製になっていて、ガラス部分は2重構造で中空にはガスが充填されているため、高い断熱性を持っています。陽が長くあたる窓には更に遮光ガラスにしています。

タイベックシートも陽が当たる側は遮光仕様のタイベックシルバーにしています。

また、断熱材はセラミックが混ぜ込んである羊毛断熱材にする予定です。暖炉からの輻射熱を最大限に活かし、湿度も適切にコントロールしてくれるはずです。

小さいからこそ贅沢な部材を使います。

 

今日はこのくらいで。これからちょっとずつ状況やノウハウをシェアしていこうと思います。

Pocket
LINEで送る

タイニーハウスとは?

Pocket
LINEで送る

タイニーハウスとはどんな家のことを指すのでしょうか? タイニーハウスの種類やタイニーハウスムーブメントがどうやって発生したのかなども学びつつ、タイニーハウス今後も予測してみましょう。

出展は「Tiny House Designing, Building, and Living」のChapter2 “What Is a Tiny House?”です。

タイニーハウスはどのくらいの大きさ?

どのくらい小さければタイニーハウスといえるのでしょう。200平方フィート(18.6㎡、5.6坪)はやや大きすぎるのではないかという人もいれば、1,000平方フィート(92.9㎡、28.2坪)は間違いなくタイニーと言えるだろうという人もいます。この本では、もっとも広く認識されている定義である「ロフトなどを除くフロアの面積が400平方フィート(37.2㎡、11.3坪)以下の住宅」をタイニーハウスとします。

では最も小さいタイニーハウスはどのくらいなのか?それはまだ決まっていないようです。これこそが、一番小さいと思ったタイニーハウスだと思っても、さらに小ぶりなタイニーハウスを誰かが作るんです。例えば、我々の友達である、タイニーハウスビルダーのDee Williamsは現在、84平方フィート(7.8㎡、2.4坪)の彼女のタイニーハウスをさらに小さく、56平方フィート(5.2㎡、1.6坪)にダウンサイジングしています。理由ですか?12年住んでいる彼女のタイニーハウスがちょっとだけ大きく感じたからです。

タイヤ付きタイニーハウスの平均的な大きさは186平方フィート(17.3㎡、5.2坪)で、これらのタイニーハウスにはお風呂、キッチン、ロフトの寝室、食事スペース、洋服や本や食べ物などの最低限のものを保管できる充分な収納スペースを備えています。これらがタイニーハウスの中にすべて収まるなんて信じられないですよね、大きめの家にあるウォークインクローゼットのサイズよりも小さいんですからね。

タイニーハウスの種類

タイニーハウスには3つのタイプがあります。動かせるタイニーハウスはTiny House On Wheels(THOWs)、動かせないのがTiny House On Foundation(THOFs)、その2つのハイブリッドであるTiny House On Skids(THOSs)。

どのタイプのタイニーハウスを選ぶかは、どのくらいの頻度で家を動かすかによります。THOWsは比較的よく家を動かす人(発想が自由すぎる)に理想的です。THOFsは合法的にタイニーハウスを作りたい人、ずっと居続けたい場所を既に見つけた人にピッタリです。THOSsは将来家を動かす可能性を残したいけど、すぐには動かす予定がない人にぴったりです。

タイニーハウス ムーブメントの話

タイニーハウス ムーブメントは家の大きさとモノの消費と、それらが地球に与える影響を見つめ直したした何万もの人が作り出しました。あらゆる職業・地位の人がタイニーハウスに住んでいます。専門家、親、単身者、カップル、アーティスト、現役、聖職者、教育者、アスリート、DIY好き、建設業者など様々です。

さて誰がこのワクワクするムーブメントをインスパイアしたのか、探ってみましょう。

Early Leadersがお膳立て

100 年ぐらい前、平均的な家はそれほど大きくなく、建てるのにそれほど多くのリソースは必要としていませんでした。しかし、新たな建築技術が開発され、簡単に空調をコントロールできるようになってから、どんどんと家が大きくなりはじめました。

アメリカ国勢調査局によると、1973年以来、家を持っている人の人数は減っている一方で、平均的な家の大きさは61%大きくなっています。つまり1973年以来、一人あたりの家の面積はほぼ倍増したのです。

タイニーハウスのヴィジョナリーであるJay Shaferは断熱性が低いエアストリーム生活での2回の越冬を通して、その不満と挑戦のすえに1999年に初めて自身でデザインしてタイニーハウスを建てました(名前は”Tumbleweed”)。

彼は移動できて、もっと家のような構築物の利点もった何かを求めていました。そして96平方フィートのキュートな家が誕生しました。たくさんの人がすぐにその家に恋しました。そして、タイニーハウス・ムーブメントが産まれたのです。

Jayは自身がタイニーハウス・ムーブメントの生みの親ではないといいますが、彼のアクションが多くの人々をインスパイアのは間違いありません。Jayは本当のヴィジョナリーは70年代に書かれた次の本の著者たちだといいます。Tiny Houses: Or How to Get Away From It All By Lester Walker, Rolling Homes: Handmade Houses on Wheels by Jane Lidz, the Not So Big series by Sarah Susanka, and Shelter by Lloyd Kahn.

住宅バブルの崩壊がタイニー・コミュニティを築いた

割愛(詳しくは本書をご覧ください)。

タイニーハウスが人気に

グーグルトレンドによると、タイニーハウスへの興味/関心はこの15年で著しく増え、2013年からの増加は特に目立ちます。

原著では”Tiny House”の2004年からの検索数グラフが示されていましたが、ここでは”タイニーハウス”で見てみましょう。

日本だと2016年からまあまあ増えてますね。9月がピークで100(すぐに戻ってますが)。何があったんでしょうか、気になりますね。

タイニーハウスは大きなビジネスになっており、住宅業界もメディアも乗っかってます。今やっているテレビ番組、Tiny House Nation, Tiny House Hunters, Tiny House BuildersとTiny House: Big Livingは大人気です。Youtubeや写真サーチでも人気です。

タイニーハウスのジャンボリー、エキスポやフェアーの数も指数関数的に増えてます。EcoCabins, Inc.がホストする最も大きいタイニーハウスジャンボリーは第一回が40,000人、第二回目は50,000人を超える参加者がいました。3年前まではタイニーハウスを見つけるのは難しかったのですが、いまではただドライブすれば見つけられるはずです。

タイニーハウス・ムーブメントは一時的なはやりに過ぎないのか?こればっかりはわかりません(答えられるのは時、だけです)。しかしながら、我々は受託コストを節約したいと願う人、環境問題への関心が高い人がいる限り、タイニーハウス・ムーブメントは力強く続いていくだろうという自信があります。実際に我々はタイニーハウスについての法的ルールが整備されることがこの人気が益々増えることになると固く信じています。

Pocket
LINEで送る

タイニーハウスのメリット

Pocket
LINEで送る

タイニーハウスをセルフビルドしようと考え始めてから、何から始めればいいのか、どうやって作ればいいのかを調べ始めました。

タイニーハウスムーブメント(「小さな家でシンプルに無駄の無い生き方を楽しもう!」というムーブメント)がアメリカから発生したこともあり、日本語で調べるよりも英語で調べるほうが情報量が豊富です。

この情報格差を埋めるべく、英語ベースで調べたこと・知ったことをゆるく翻訳しつつ、私見(グレー文字)と混ぜて、シェアします。

今回はタイニーハウスのメリットについて。出展は「Tiny House Designing, Building, and Living」のChapter1 “A House with Benefits”です。

経済的な自由

アメリカ国勢調査局によると、平均的な大きさの家を新築する場合のコストは、2016年時点で$360,000(約4,072万円)、2000年時点では$200,000(約2,262万円)。16年間で$160,000(約1,810万円)も増えています。

一方、セントルイス連邦準備銀行によると、家を持っている家庭の年収は2000年時点で$57,000(約645万円)、2015年時点で$54,000(約611万円)と減っています。

タイニーハウスをセルフビルドで建てる場合の平均的な費用は thetinylife.com によると平均して$230,000(約260万円)、プロに依頼して建ててもらっても$50,000(566万円)以下だそうです。

2拠点生活用に家が欲しいと考え始めてから、新築も検討したのですが、日本で売ってるのは至れり尽くせりの高級仕様の家屋ばかりです。一般的なサラリーマンにとって、ひとつめの拠点の家賃・生活費に加えて、数千万円の住宅ローンを支払うことは不可能です。莫大なローンを組んでしまったら、一生仕事をし続けるしかない。自由人を自称していきたいのなら、いつでも幅広い選択肢を持っていたいですよね。

それに比べて、タイニーハウスなら車を買うぐらいのお金で済んでしまいます。ローンを組まなくても建てられますし、初めにまとまったお金を使って、基礎と床と屋根と壁だけの最低限の仕様で建てた後、少しずつ家をグレードアップさせていくこともできそうです。本の中でこんなことわざが紹介されていました。全く同感です。

“You weren’t born to just pay bills and die.”(著者不明)

環境貢献

NAHB(National Association of Home Builders:全米住宅建設業者協会)よると、アメリカの平均的な新築住宅の広さは242㎡。これと比較して、平均的なタイニーハウスの広さは17㎡。建てるために必要な資材の量が、どれだけ違うかは容易に想像がつくでしょう。

さらに、建てた後のコストもかなり違います。平均的なサイズの家が消費する電力は年間12,500 kWh、一方でタイニーハウスが消費する電力はわずか914 kWh。

家が大きいほど部屋を暖めるのも、冷やすのも、時間とエネルギーががかります。大きい家に住んで、節約のために照明や冷暖房の利用を控えて不便な生活をしてるとか、本末転倒な暮らしをしている人もいそうです。

自分の時間が増える

平均的なアメリカ人は収入の27%を住宅コスト(住宅ローン、家賃)に使っているそうです。大雑把にくくると、週40時間労働のうち、10.8時間は住宅のために働いていることになります。これに家のメンテナンスコストや家具や家電、設備などを加えると週5日の労働日のうち、大体2日ぐらいは、家のために働いていることになります。

では、お金をかけたその家でどれだけの時間を過ごしているのか? 1日の労働時間が8.5時間、通勤時間に往復1時間かかるとすると、1日に9.5時間は家の外で過ごしていることになります。また、睡眠時間を9時間(長いな)とるとすると、家で自由に過ごしている時間は1日のうち、たったの5.5時間しか残っていません。このために一生懸命働いているわけです。本当にその価値はありますか?

我々は家にお金をかけることが悪いことだ、と言っているわけではありません、実際には、不必要で、役にたっていないことにお金を浪費している状況を考え直すべきではないかということを訴えたいんです。

報酬の大部分を財団に寄付し、世界で最も貧しい大統領として知られる前ウルグアイ大統領 ホセ・ムヒカは「あなたが何かものを買うとき、その手段はお金だが、実際に使われているのは、そのお金を稼ぐために費やした、あなたの人生の時間だ」といったそうです。

人が死に際に「もっと働けばよかった、もっと稼いで、もっと大きな家に住めばよかった」と後悔することは稀で、むしろ「愛する人ともっとたくさんの時間を過ごせばよかったとか、もっと自分の情熱に従ってやりたいことをやればよかった」と後悔することのほうが多いでしょう。大きな家は人生の喜びではないのです。

シンプルに生きる

現代は、人類史上、最もたくさんのものを持っている時代です。平均的なアメリカの家保有者の持ち物は30万アイテム(ペーパークリップから大型家具まで)で、さらに10人に1人はレンタル倉庫を利用しています。また、女性は平均30着の服を持っています(1930年時点では9着)。我々は毎年1兆ドルの不必要なものに浪費しているのです。

現代のアメリカ人は30年前よりも不幸せになっているという研究結果がシンポジウム”Policies for Happiness”で発表されました。この結果には労働時間の増加が大きく影響しており、仕事で消耗してしまうことで、人間関係に使うと時間とエネルギーが減り、幸福度の低下を招いていると研究者は伝えています。

興味深いことに、同じ期間・同じ時代のヨーロッパにおける幸福度は下がっていないということも明らかにされました。ヨーロッパの職場はアメリカと比較して、多くの場合、長時間労働・少ない休暇・成功へのプレッシャーなどを避けていることが、この要因にあるようです。

ものを得るためのコスト(時間とお金とエネルギー)はとても高いのです。不必要なものにかけているコストを実際に計算したら、きっと仰天することでしょう(we were heartbroken)。

シンプルに生きるというのは、極限までものを減らしてサバイバル生活をおくろう、ということではありません。無駄なものをなくして、大切なもの・重要なものに注目し、それに感謝して生きようということです。

不必要なもの・重要でないものに使っていたリソースを本当に必要で大切なことのために解放しましょう。レオナルドダヴィンチは1452年にシンプルが一番であることを既に知っていました。

”Simplicity is the ultimate sophistication.”(Leonardo da Vinci)

 

※ドル円レートは2018年1月時点

Pocket
LINEで送る